月別アーカイブ: 2019年6月

中古の一軒家を購入した経験から私が学んだこと

実際に中古の一軒家の購入した経験から、買うときのこと、こうしておけばよかったと思ったことなどをまとめてみました。

まず、初めにすればよかったと思ったのは自分たちが譲れない条件を書きだすことです。

実は 漠然と、こんなのがいいな、あんなのがいいなと家族で話し合ってはいましたが、実際に物件見学にいくとなんか違うよねーということが多くあったからです。

今思えば早くから条件をもっと絞り込んでおくと、余計な時間がいらなかったかなと思います。

でもその反面、多くの物件を見ておくことで 相場やお得な値段を知ることができたように思います。

その感覚があったからこそ、いざ購入、となった物件はお得だ!とわかりましたし、判断するのに参考になりました。

あとは インターネットの不動産物件サイトや広告のマメなチェックだと思います。

自分たちが最終的に購入した物件ですが、いつも覗いていた不動産サイトに新着として載ったばかりのものでした。

場所、立地、間取り、値段、広さ、どれをとってもかなりの確率で理想にヒットします。

その日のうちに不動産会社に電話して、見学の予約を入れました。

なんとうちが一番乗りだったそうです、しかもすぐ次の方の予約や別の不動産会社の見学予約まで入っていて、あと少し遅ければ ほかの方に取られていたと思います。

事実、その別の不動産会社の方は 借家用にすぐにでも購入したいと言っていたとあとで教えてもらいました。

でも、不動産って先着順なんです。

なので、まず私たちの購入意志について確認してから次の方に見せるといってくれました。

親切で良心的な不動産やさんでよかったです。

地元で昔から営業されている方でそういうところもよかったのではないかと思います。

それで、数日のうちに決めないといけなくなりました。ずっとほしいと思っていた一軒家でしたがいざ購入、となるとこれでいいのか悩みます

それでたまたまその家の近所のお店の方と知り合いだったので 周辺の様子の聞き込みをしてみました。

とても静かな環境のようで、近所付き合いも煩わしくなく住みやすそうでした。

冷静になり、ネットで、中古物件の購入にあたってのチェックポイントというのを調べ直し、
メジャーをもってもう一度見せてもらい次の日には決めました。

その後、手続きがいろいろとあり、最後の契約のときに持ち主のかたとお会いしました。

家を建てる経緯、どのように使用していたか、(おうちサロンのようにしていたようです)などを聞くことができてよかったです。

あとから後悔したのは もうちょっと家のことをその方に聞いておけばよかったなーと思いました。

いろいろありましたが、満足のいく買い物ができてよかったです。